呼び出しベルがもたらす効果とは?顧客満足とバリアフリーを考える

呼び出しベルがもたらす効果とは?顧客満足とバリアフリーを考える

呼び出しベルを設置することのメリット

ボタンを押す

お店を経営するうえで客と店員のコミュニケーションは大切です。たとえば飲食店などでは注文する際に呼び出しベルを使うところもありますが、これにはたくさんのメリットがあります。
まず客側からすると、大声を上げる必要がないということです。例えば混雑した店内で店員を呼ぶために大きな声を上げると注目を浴びそうで恥ずかしいという人は少なからずいます。そういう人からすれば呼び出しベルは押すだけなので心理的負担が少ないです。またご老人などのように、身体的な事情から大きな声を上げるのが難しい人もいます。そういう方々にとっても呼び出しベルは必須のアイテムと言えるでしょう。
また店員側からすると、ランチタイムなどの忙しい時間帯に常に客のそばで注文を待つ必要がなくなります。客のそばで注文を待つという行為は少なからず客に無言の圧迫を与えてしまう場合もあるので、それを避けられることは大きなメリットでしょう。また呼び出しベルがない場合は、忙しく動き回っている間に客からの呼びかけを聞き落としてしまう可能性もあります。客からすれば何度も店員を呼ばなければならず、ストレスとなり、次回からは来店してくれなくなるかもしれません。
以上のように呼び出しベルを置くだけで多くの問題が解決できると言えます。そのため、合理的なコールシステムとして呼び出しベルを設置することは非常におすすめです。

お客様の笑顔が増えます!呼び出しベル設置の効果とは

ファミリーレストランや居酒屋などでよく見かける呼び出しベルは、ボタンひとつで従業員が呼び出しに気付いてくれるので、とても便利です。実は飲食店だけでなく、いろいろな業種で活用できる可能性を秘めています。
「お客様の呼び出しにすぐ気付きたい」「人員が少ないので、お客様の必要のないときはほかの作業もしたい」このようなシチュエーションは業種を問わずありえます。そんな時に呼び出しベルは大活躍します。お客様はボタンひとつで従業員を呼び出すことができるので、従業員を探して店内を歩き回ったり、大声を張り上げたりする煩わしさから解放されます。従業員の素早い対応は、お客様に好感と安心感を持っていただくことにつながり、お店の印象がアップします。
そして、従業員はお客様の呼び出しに即座に反応することができ、貴重な機会を逃さず、業務の効率化を図ることが可能です。「本当にうちのお店でも活用できるのか」「いきなりの導入は不安」というお悩みをお持ちの場合は、呼び出しベルのデモ機を一定期間無料でレンタルできる業者もありますので、まずは試してみるという方法もあります。小さな工夫で従業員の負担を軽減し、お客様の笑顔を増やすことができるコールシステムを、あなたのお店にも設置してみてはいかがでしょうか。

呼び出しベルによるバリアフリーな社会へ

呼び出しベルは、普通に生活している身体的な不自由のない人にとっては「少し便利な物」程度のものでしょう。しかし、身体が不自由な人にとっては身体の一部の役割をしてくれる物になり、代えのきかない、なくてはならない物になります。
日本には障害のある方が総人口の15パーセントから20パーセントほどいるという報告があります。具体的に数値化すると思ったより多いと感じるのではないでしょうか。こんなに多くの人が社会生活や社会参加に障壁を抱えています。その中には、声を出すことに不調を抱え、コミュニケーションがうまくとれない人も存在します。そこで呼び出しベルの登場です。
呼び出しベルの活用法は多種多様です。お店でスタッフを呼ぶ、家の中で家族を呼ぶ、病院で看護士さんを呼ぶ.といった具合に、挙げるとキリがありません。人を呼ぶというアクションだけでもスムーズにできれば、障害のある方が日常生活で抱えるハードルがグッと下がるのです。呼び出しベルをはじめとしたコールシステムの構築を、企業、病院をはじめ自治体や国レベルで推進していけば日本全体のバリアフリー実現への第一歩として大きな役割を果たすはずです。呼び出しベルによって、障害のある方が生活しやすくなるという可能性を認識しておきましょう。